052-788-7711

乳がん検診の主な流れ

2017年7月24日

どの検診が適切かわからない方は
医師と相談して決めることができます。

判定医(赤羽和久)/ 精度管理中央機構認定マンモグラフィ読影AS判定・超音波読影A判定
※検査項目は検診内容によって異なります。

当院では「高濃度乳房」が心配な方へ、自己負担でおこなう自費検診にて3Dマンモグラフィと乳腺超音波検査を組み合わせた、より精度の高い検診を実践するように努めています。当日の医師による診察時に、検査結果の説明とともに乳がん検診の限界や高濃度乳房であることの意味、自覚症状が生じた場合の対応等の情報提供も合わせておこないます。

受付

予約時間の15分前にご来院ください。

マンモグラフィ検査(約10分)

乳房を挟んでX線写真を撮影します。
マンモグラフィ検査は、女性放射線技師がおこないますのでご安心ください。

超音波検査(約15分)

仰向けの状態で、乳房に機械を当てて病変を探す検査です。超音波検査は、女性臨床検査技師がおこないますのでご安心ください。
※名古屋市乳がん検診(ワンコイン検診)は超音波検査を行ないません。ご希望で追加することができます。

診察

必要に応じてまたはご希望の方に視触診をおこないます。
名古屋市検診(ワンコイン検診)では触診はありません。
※名古屋市検診(ワンコイン検診)の検査結果は後日郵送いたします。

  • 乳がん検診
  • 乳がん診療
  • リンパケア外来
  • 乳がんについて
  • もし乳がんになったら
  • サバイバーシップ支援について
  • 各種セミナー支援
  • クリニックNEWS
  • よくあるQ&A
  • 採用情報